アルバイトでも残業代は貰えます!計算方法は?出ないときはどうする?

そんなのは当たり前、と感じる人も多いかもしれませんが、一般の職員だけではなくアルバイトの立場でも残業を行えば残業代が支給されることになります。しかしながらその仕組みについてしっかりと理解していない会社の存在もあります。そのため、給料をもらい損ねることの無いようにその仕組みについてはアルバイトであってもある程度は把握しておくべきでしょう。知ってしまえばそれほど複雑なものでもありません。

まず第一に知っておくべきなのは残業代となる条件についてです。仕事時間が4時間の場合、それを超えて仕事をするのであれば確かに残業であるとも言えますが、この場合は通常時給換算で給料が増えることになります。しかしながら本来の残業には手当として上乗せしなければならない部分が存在しています。それは一週間に40時間、一日の場合には8時間を超えた部分が残業手当として計算されます。そしてその場合には1.25倍の時給で計算されることになります。この仕組みについては間違えている場合も少なくありませんので知っておくべき情報の一つです。

そしてもう一つ忘れられている可能性があるのが深夜残業の加算です。これも残業手当の場合と同じく0.25倍の加算があります。従って夜22時以降の支払い分に関しては0.25倍の加算分が2個ありますので、1.5倍で計算されることになります。このような仕組みになっていますので知っておくとよいでしょう。なお、割増加算になるのは時間外として超過した分と、22時以降の勤務時間分のみです。それ以外の部分については通常通りの扱いとなりますので混同しないようにすることが大切です。

もしも給料が正確に出ていないという状況にあるのであれば、その状況を是正してもらうように給与関係の担当者に話をする必要があります。それ以外にも交渉のためには勤務実績の証明が必要になりますので、タイムカードのコピーを保管して置いたり、記録をメモとして残して置いたり、必要な情報を何かしらの形で記録しておくことが大切です。問題がハラスメントである場合には、客観的な資料の他にハラスメントの内容なども記録しておくことが大切です。場合によってはそれらの問題を関連付けて対応し、解決につなげることが出来る場合もあります。残業代が出ないからと言ってそれが当たり前と感じたり、安易に受け入れてしまうことの無いように対応する必要があります。単に会社側が理解していないことも多いものです。