仕事と子育ての両立は共働きとシングルで違う?取得できる制度も活用しよう

子供がいる場合には、シングル家庭であっても共働きの家庭であっても共通する悩みを持つことになるでしょう。それは子育ての忙しさと時間の無さ、そして金銭的な負担の問題であると言われています。しかしながらそれらの解決法についてはシングル家庭か共働き家庭かによって少し違うものがあるものです。そのような視点から考えた場合、働く親をサポートする様々な制度や仕組みのことを知っておくことは大切です。そのための知識を身に付けておくと多少なりとも負担が軽減されることがあるでしょう。

まずはシングル家庭でも共働き家庭でも働きながら子育てをする場合、様々な困難に直面することになります。仕事を行う上ではいくつかの法律に基づいて契約を結ぶことになるのですが、子育て支援をサポートするための法的な決め事がいくつかありますので知っておくと便利です。例えば労働基準法には育児時間の確保に関する記述があります。1歳未満の子供を育てている女性の場合には、30分程度の育児時間を1日の仕事の中に2回請求することが可能ですので活用しましょう。

その他にも育児介護休業法では子供お養育する労働者に対して短時間勤務の仕組みを用意したり、長時間労働を禁止したり、必要な場合には休暇を取ることが出来るように制度が作られています。理解のある職場でなければ中々な自由に使うことが難しい制度であるという側面もありますが、法律であるという事実がいざという時に申請しやすい仕組みとなっています。

働く場合にはこれらの制度を活用して子育ての負担を軽減することが出来るでしょう。特に共働きの場合に活用しやすい仕組みです。しかしながらシングル家庭の場合にはこれらの仕組みだけでは不十分であることも多いでしょう。特に休みやすくなる制度を活用しても収入の減少を避けることはできませんので、その分の補填をパートナーに求めることになることが少なくありません。その際にシングル家庭であるということは想定する以上に大きな負担になるのです。しかしながらシングル家庭に対しては、児童扶養手当という形で家計の負担をサポートする仕組みもありますので、収入面の事情から生活に困難さを感じるのであれば行政に相談をするのも一つの解決法につながるものであると言えるでしょう。収入面の課題に対してはできることが限られていますので、利用することが出来る制度があれば何でも活用するという考え方が必要不可欠になります。