残業の少ない業界・職種はこれ!

薬剤師の女性

一般的な統計情報をベースに見た場合の残業の少ない業界というものも、インターネット上で知ることが出来る情報の一つです。全ての会社で残業が少ないというわけではありませんが、総合的に考えた場合に比較的低水準にあるということが言えるのは事実です。そのような職種では一般小売業などが主な業界として知られています。それ以外に薬局や医療の現場、医療機器メーカーなど医療系も比較的残業が少ない業界として集計されています。しかし、これらについても業界の特殊性を考えておくことは大切です。小売業の場合には営業時間という枠組みがありますので一定の範囲内で交代制で働いているという性質がありますし、医療の場合には入院を受け付けていない一般のクリニックから24時間対応の大病院までを含んでいる可能性があります。素人目に考えてもこれらには大きな違いがあることは明らかです。そのため集計情報の形で得られたものに対して例外が存在しうることは理解しておく必要があります。

業界としては上記のような性質がありますが、職種に注目をしてみるとまた違った側面が見えてきます。あくまでも一般的な話ではありますが、事務系の職種で残業時間が少ない傾向にあると言えるようです。いわゆる処理をする仕事に分類される職種の場合には限られた時間で効率的に仕事をすることが求められる背景があり、その結果として残業が少なくなっていく傾向があるということが言えるのかもしれません。

特殊な業務の中でも、オペレーターや薬剤師のように、ある程度型にはまった動きをすることが出来る専門家の場合にも残業時間が少なくなる傾向が存在しています。勿論、働き方によって変化が生じるものであることは言うまでもありませんので、仕事の書類によっては残業が大きくなる場合もあるでしょう。業種の場合と同じく、これらの情報も集計した平均情報を基に算出しているということを忘れてはなりません。あくまでも平均ですので、定時で帰ることが出来る枠組みで働いている労働者が多ければ多いほど残業の平均も少なくなっていく傾向があると考えられます。

一般的な傾向としては事務職を代表とする物事を処理をする仕事は全般的に残業が少なめであるという仕組みが存在していると言えそうですが、どんなことにも例外というものが存在していますので、そうではないケースもあるということを忘れないようにしておくことは大切であると言えます。