残業は完全に悪なの?残業に対する肯定的な意見とは

仕事をしている女性

一般的に残業は悪であると言うイメージを持っている人は少なくありません。それを大きな声で堂々と言う事はあまりありませんが、経営者の本音としてはできるだけ避けて欲しいと思うのは当たり前のことです。しかしながらそれが必要であると言う局面も確かに存在していますので、メリハリのある残業の管理ができるかどうかということが求められていると考えるべきなのかもしれません。必要のないときには行わず、必要に迫られた時に必要なだけ行うと言う事は、むしろ歓迎されるべき仕事の仕方であると言う理解をする必要があるでしょう。

例えば特定の時期だけ極端に忙しくなる仕事がある場合、その期間だけ集中的に残業が発生すると言うのはむしろ望ましい状況であるともいえます。そのような状況に残業が発生しないような人員配置をすることは、全体的に見た場合には余剰人員を確保することにつながってしまう場合があります。従って無駄のない労働力の確保のためには、一定量の計画的な残業の予測を立てておくと言う事は建設的な意見となれるものです。どのような業界でも一時的な需要の上昇は起こり得るものであり、それがあらかじめ予測できるのであれば対策を立てておくべき内容の1つであると考えられます。そうではなく、残業をすること自体が悪いことであると言う判断をするのは賢いことではありません。大切なのは仕事の割り振りが適切であるのかに加え、必要な時期に発生しているのかどうかと言う点に注意をしなければならないと言うことです。慢性的に発生しているのであれば、それは単なる人手不足である可能性を考慮すべきですし、特定の人物にのみ集中して発生しているのであれば、仕事の割り振りや責任の位置づけの問題である場合が少なくありません。いずれにしても会社の立場で管理するべき内容であると言えるでしょう。

残業することによって必要以上に雇用しなくて済むのであれば、総合的に判断した場合に無駄のない対応策であると評価されることも十分にあります。それが有意義であるのか無駄であるのかについては多分に主観的な要素が入るものではありますが、冷静に判断することによってその価値をより正しく理解することは可能であると考えられます。このような問題であるということを前提に、全ての残業が否定的に扱われるべきではないというのが一般的な判断であるといえます。この視点を持って話し合いを行うことが有効性の高い対策になります。