残業中の空腹問題!みんなは何を食べてるの?

残業時間として一般的な時間帯としては、午後5時以降であるという傾向があります。朝から仕事をしている場合には残業時間に突入する頃には小腹が空くということもあるでしょう。比較的短時間の残業であれば空腹の状態のまま仕事を行い、その後の夕食をおいしく食べるために空腹を調味料とすることもあります。しかしながら長時間の残業になる場合には空腹を紛らわせる必要があるということも珍しいことではありません。

そのような時間帯に何かを食べるということが許されている職場は多いです。対外的に接客業務がある職場でなければある程度の飲食が容認されることも少なくありません。そのような場合にはお菓子類で空腹を紛らわせることになるのが一般的であろうと言えます。あくまでも一時的な空腹感の解消を目的としているものですので、その程度の軽いものが人気になることが多いです。しっかりとした食事を摂るのはかなり稀な対応です。

ただ、業務内容によっては残業が深夜に及ぶ場合も十分に考えられます。そのような環境の中では軽食を必要とすることもあり、職場側が何かしらの対応をすることもあり得ます。ある会社では特定の時間を超えて残業が必要になった場合には、カップラーメンを食べてよいという形で支給があるというケースもあります。いずれにしても職員個人、あるいは職場の単位で必要と思われるものを用意するという習慣が出来上がっていると言えそうです。

なお、仕事中に感触をすることに対して抵抗を感じる人も少なからずいますが、長時間労働の場合には適切に間食を摂った方が集中力が回復するなどのメリットが得られる場合もあります。あくまでも職場のルールとして適切な範囲で間食をするのが良いでしょう。家に帰れば夕飯が待っている環境にある人にとっては、それほど重たいものを食べるわけにはいかないでしょう。そのような事情から軽食にとどめるケースが多いのが一般的な傾向です。

影響が大きいものがあるとすれば職場と周辺環境であると考えられますが、どのような場所でも共通してみられる傾向としては机の中にちょっとしたお菓子を忍ばせている党種類の対応です。やはり手軽に楽しめるお菓子類を楽しむというのが、残業時間中の空腹を紛らわせるために用いられる選択肢としては代表的なものです。女性事務職の机の中にはそのためのお菓子が入っていることは珍しいことではなく、いざという時の非常食としても機能しています。